外国人の転職の際には就労ビザの変更手続きを行おう

日本で働かれている外国人の皆さんはもうすでに就職ビザをお持ちになられて働かれていることだと思います。
就職ビザが無ければ外国人が日本国内で働くことは出来ません。

もし、就職ビザなしで日本国内で働いているのが見つかれば一年以内の懲役または20万円以下の罰金に処せられる可能性があるのです。

では、外国人の方が転職された場合はいかがでしょうか?

【留学生から日本の企業に就職する場合】
留学生から日本企業に就職される場合はあらたに就労ビザを取得される必要があります。

留学生が留学ビザで就職することはできません。
早急に就労ビザを申請して就職できる状態にしておきましょう。

【日本国内での転職の際は?】
外国人の方が日本国内の企業で転職される際にも就労ビザの内容の変更手続きが必要になります。
例えば、転職先の凝視が違う場合は必ず内容の変更が必要になります。
就労ビザの中でも種類は様々に分かれておりビザの機関などもすべて違うので事前に変更手続きが必要です。

【同業種への転職の場合は?】
もし転職先が同業種だった場合はどうなるのでしょうか?
その場合もやはり、ビザの変更手続きをしておくのがいいでしょう。
業種が同じでも以前の企業と職務内容が異なる可能性があります。
事前に変更手続きを行っておくことでその場合の不都合を解消することができるでしょう。

【まとめ】
外国人労働者のかたはビザの条件さえ守れればいくらでも日本企業で働いていただくことが可能です。
日本は空前の労働者不足です。
外国人の方の労働力が未来の日本を救ってくれるかもしれませんね!