司法書士って何者?気になる司法書士の業務内容を解説!

司法書士という職種は聞いたことがあるけれど、具体的にどんなことをしているのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。ここでは、司法書士の業務や役割についてみていくことにします。

司法書士は司法書士法に基づいた国家資格です。一言でいうと、人と人との間のトラブルを法的に解決していくとともに、人の財産や権利を守る仕事をしています。順に司法書士の代表的な仕事内容を解説していきます。

まずは、不動産に関する様々な登記の手続きを行う仕事が挙げられます。例えば、土地を売ったり買ったりした際には、土地の所有権を移し替える必要がありますが、この移転登記を司法書士が行っています。また不動産を取り壊したり新しく立てたりした時などの登記の手続きなども、司法書士に依頼できます。

会社に関する登記の手続きを行うことも、司法書士の役割です。例えばベンチャー企業など、会社を企業する時には、企業登記を行う必要がありますが、この手続きを司法書士に依頼することができます。また、会社に役員が新たに加わったり役員が辞めたりした場合の役員変更登記を行うこともスタートアップベンチャーの司法書士の業務です。さらに、会社の本店を移動したり、名前を変えたりする際の登記上の手続きをサポートする業務も行っています。

また、司法書士の業務には裁判や検察庁に提出する書類の作成を行うものもあります。裁判所に提出する訴状であったり、検察庁に提出する告訴状などの書類を作成し、トラブルの解決を図ります。条件によっては、簡易裁判所などで当事者に代わり弁論することもあります。当事者の代理人として、個人間でのトラブルの解決を図る仕事をしています。最近では、悪質な振り込め詐偽やマルチ商法などの被害が相次いでいますが、これらの被害に遭われた方々を救済するための業務などもあります。

司法書士は財産管理の仕事も行います。病気などが原因で判断能力が不十分な人の判断を支援する制度を、成年後見制度と言います。この後見人を定める手続きであったり、後見人としての業務を司法書士が行う場合があります。
このように司法書士は不動産や土地の登記や、裁判所に関係する書類作成、財産に関することなど様々な分野を扱っています。東京をはじめ全国各地に司法書士会がありますので、これらに関することで困ったことがある場合には、相談してみると良いでしょう。